So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

uiBagとは? [ui work]

uiBag1.JPGいよいよ今週末から!

京都での展示会が

はじまります。

新刊本「FELTWORK」の

発売を記念して催す展ですが、

著書でご紹介した作品をはじめ、

それらのモチーフを使って、

uiBagもつくりました。

はて?uiBagとは?

ご存知の方も、そうでない方も、いらっしゃるかと思いますので、

uiBagについて解説をしてみようかと思います(笑)

手づくりの布製バッグ「ui」を始めたのが、1999年。

かれこれ…ええ!?もう17年も経ちましたか!ひょー!

(月日の流れは、あっという間ですね)

元々、学生時代は空間演出をするような作品が多かったのですが、

ファッション科に在籍していたこともあり、その両方の特性を活かして、

ただ一人で打ち込める作品づくりは何だろう…という思案の末、

ひらめいたのが「Bag」というアイテムだったわけです。

日常のほんのひとコマを切り取って、絵を描くような感覚で、

バッグという形に落とし込み、それを使ったり飾ったりしてもらいたい

というのが「uiBag」の始まりでした。

B5ほどの大きさ、マチなし、内ポケット一つ、本革の持ち手、という

基本形を軸に、ベーシックな綿や麻のベース布の上に

刺しゅう・アップリケ・型染めなどの技法を使って、

絵を描くように作り上げます。

これは、17年ずっと変わっていません。

やりはじめた頃は、中国で大量につくれば?とか、

もっと大きいサイズが欲しい、マチが欲しい、などなど

いろいろクライアントの要求もありましたが、

頑なにスタイルを守り続けて、今に至っています。

最初はセレクトショップなどでも販売していましたが、

今は展示会でのみの販売となりました。

外注には出さず一人でコツコツ作っているので、数が作れないのが難点。

でも、それを楽しみに待っていてくださる方がいらっしゃるので、

それを制作の励みにしています。

今回の京都での展でも、すべて一点物のuiBagを販売いたします。

なんてことない、ただのバッグです。

でも、表面のデザインを活かすべく、表布、裏布、内布の

色と柄の合わせには、こだわりを持って作っています。

縫製も一つ一つ丁寧に、を心がけています。

17年も作っているので、いったい何個のバッグを作ったのかな?

いつか、大きな壁にそれら全部を飾ってみたい、という夢もあります。

ぜひ、京都・モーネンスコンピスへいらしてください。

どんなuiBagがあるのか、お楽しみに。

中林うい「FELT WORK」展 

京都 ギャラリー「モーネンスコンピス」にて

5月14日(土)~22日(日)火・水お休み

詳細HP http://www.maane-moon.com/

ワークショップも開催しますので、ぜひご参加ください


FELTWORK × ui Bag 展 もうすぐ! [ui work]

フェルト.JPGすっかり更新が

滞りまして、

すみません。

冬の間に溜まった

毒出しかのように、

春先にダウンして、床に伏しておりました。 ヨヨヨ。

いつのまにか、こちら信州は春めいて、

りんごの花がいよいよ咲き始めました。

回復に時間がかかったので、

その間に溜まってしまった作業をこなす日々。

気が付けば、GW一歩手前で、しかも展示会も、もうすぐそこ!

あわわわわ。

お知らせもなかなかできませんでしたが、やっと!の、更新です。

前著書の「wappen」から5年が経ち、その時にもお世話になった

京都のモーネンスコンピスにて、

再び新刊の記念展を催すことになりました。

今回の展では、

新刊「FELT WORK」でご紹介の作品はもとより、

それらのモチーフをブラッシュアップさせてデザインした

ui Bagやフェルト小物などを展示販売いたします。

長野に住まいを移して以降、地理的なことや子育てもあいまって、

なかなか展示会を多くこなせないのですが、

自身にとっても、モーネでの展示は嬉しさひとしお!の催しです。

ぜひ、関西圏の方はお越しくださいね。

もちろん京都観光のついでに、遠くからいらしてくださると、

さらに嬉しいです。

(GW過ぎた京都、おススメです)

フェルト展DM.JPG今回のDMは、

モーネ主宰の

井上由季子さんに

デザインしていただいた

感激な一枚です。

5月14日(土)~22日(日)

※火・水お休み

詳細はモーネHPで→ http://www.maane-moon.com

そして、今回も!ワークショップありますです~。

内容は2種類ありまして、「タンポポの指輪を作りましょう」と

「FELT BOXを作りましょう」です。

タンポポ ring.jpgタンポポの指輪は、

著書の中でもご紹介していますが、

ワークショップでは、

リング台を使って作ります。

FELT BOXは20cm四方のフェルトが

収まる紙箱蓋に

自分の好きなモチーフでデザインして

いただきます。

どちらも楽しいワークですよ。

ぜひ、この機会にご参加くださいませ。

ワークショップのご参加申し込みなども、モーネHPまで。

では、新緑の京都で、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!


天然生活3月号「りんごの物々交換」 [ui work]

天然生活3月号.JPG1/20に「天然生活」3月号が

発売となりました。

巻頭記事「りんごの物々交換」で

私と料理家・内田真美さんの

技の競演をしました。

去る11月某日、りんごの収穫が

真っ只中の長野・飯綱町に

取材チームと真美さんが来訪!

嬉しい一日のはじまりとなりました。

共通の友人を介して、真美さんとお知り合いになったのですが、

展示会でチラッとご挨拶したり、メールしたりと、

ゆっくりとお話をする機会がなかなかなかっただけに、

「りんご」がつないでくれたご縁に感謝です。

私も真美さんもカメラマンさんもライターさんも皆さん

小さな子どもがいる身で、今日一日しかない!という中でしたが、

取材→お菓子作り→撮影(間にちょいちょいおしゃべり)という内容を

チームワーク抜群で時間内に完了することができ、

今回無事に誌面へと仕上がりました。

真美さんのお菓子はずっとずっと食べてみたかったので、

その美味しさに腰砕け~。

完全に役得ありがたや~ありがたや~状態でした(笑)

でもね、何よりもその作る技を垣間見ることができたのは、

最高の収穫でした。

プロの手技を生で見るのは、そうそうあることじゃないです。

ご本人はサラッとやってらっしゃいますが、

素人から見れば、おおお!なるほど!の連続ですよー。

本を見たってわからない部分、いっぱいありますからね、実際。

私も分野は違えど、手技ある身なので、

この経験をどこかで活かしたいな、と思いました。

真美さんの作るお菓子3品の雰囲気をうまく融合するように、

私もフェルトを使っての3作品を作りましたが、

やはり一番のおススメは「りんごのマット」でしょうか。

りんごのマット.JPGりんごを切った状態をデザイン

しました。

色味も少し酸化したような色を

選びましたら、リアル~。

真美さんのガトーとの相性も

ばっちりでした。

美しい姿は、ぜひ誌面を

ご覧くださいね!

楽しいひとときと、美味しいお菓子は

あっという間に終わりましたが、楽しく仕事をしている雰囲気も

伝わればいいな、とも思います。

真美さんの「りんごのガトー」これは本当にめちゃウマ&簡単ですので、

皆さんもお試しいただけるといいなー。

私も発売日にまた作ってみましたら、子どもがすごい勢いで食べていて、

マットに乗せる間もなく、食べ終わったという、、、、

りんごのガトー.JPG私、お菓子の作る工程で

とにかく苦手なのが、

「バターをクリーム状にする」と

「さっくり混ぜる。混ぜすぎない」

なんですけど、

このガトーはそれがどちらもない!

バターは最初から溶かしバターだし、

粉はしっかりと混ぜていい、のです。

シンプルな焼き菓子こそ、

素材の美味しさがダイレクトに伝わりますから、

美味しいりんごを使うのも大切~。

飯綱の美味しいりんごも皆さんにご紹介できて、

勝手に飯綱町親善大使を自称してます私としては、

嬉しいかぎりです(笑)

というわけで、りんごをテーマに全6作品のご紹介していますので、

ご覧いただいて、作っていただければ、幸いです。


「はんど&はあと」2月号 [ui work]

はんど&はあと2月号.JPGすっかりご案内が

遅くなりました。

「はんど&はあと」

2月号のキット監修

をしました。

「ラッキーモチーフの布小物」をつくれるキットが付録でついています。

デコポッジフィルムとペーパーナプキンを使って、

布の上に簡単にコラージュすることで、オリジナルのポーチや

ミニバッグが作ることができます。

監修内容は、ペーパーナプキンのイラストを描かせていただいたほか、

アレンジ参考作品を作りました。

ただ、この「はんど&はあと」という雑誌は書店店頭には置いておらず、

定期購読というスタイルをとっていますので、

欲しい!という方は、

芸文社お客様センターへのお電話&お申込みをしていただく

必要があります。

(芸文社お客様センター0120-944-834)

しかも!なんと4月号で休刊という、、、、汗

昨今いろんな手芸雑誌の休刊や廃刊、

さらには手芸出版社の倒産などなど、残念なことが多いのですが、

とにかくこの号だけでも欲しい!という方は、ぜひお求めくださいね☆

(ある意味貴重でございますー)


「FELT WORK」本日発売 [ui work]

FELTWORK本2.JPGついに、この日が来ました。

そうです、5年ぶりの新刊が本日発売です。

「uiのフェルトワーク FELT WORK」が

ついに出来上がりました!

通算8冊目となる今回のテーマに選んだ素材は

ズバリ「フェルト」です。

手芸素材の元祖ともいうべく20cm四方の

フェルトを使って、いかに素敵で美しい作品が

作れるか!?ということに挑戦した一冊です。

このフェルトという素材の魅力は、とても扱いやすく、子どもの手芸には

重宝する素材です。

でも、言い換えれば、「子ども」すぎる素材だったりもします。

色数や大きさも限定されているので、なかなか大人の女性が

手芸素材として使うには、どうしても手芸臭さが抜けず、

野暮ったさが残ってしまう、、、という、

マイナスな要素を感じつつも、

いやいや、まてまて。

この布のような?紙のような?カットワークしやすくて、

切ってそのままにできることや発色の良さが、

逆におもしろくできるのでは!?と思ったのが、

この本を作るきっかけとなりました。

布と紙、どちらも好きな私にはうってつけの素材ということに

気づきました。

普段から手芸に親しまれている方はいろいろな創作の刺激になる

ことでしょうし、また手芸はからきしダメ!という自称不器用な方には

とくにおススメの内容です。

だって、「切る→ボンドで貼る→終わり」という紙工作的な部分が

満載なのです。

そうそう、フェルトの良さ、もう一つありました。

それは、どんな田舎町にも売っている、ということです(笑)

これほどなじみ深い手芸素材も珍しいですね。

本日発売の「FELT WORK」、多くの方にご覧いただけますように!

どうぞよろしくお願いいたします。

そして、いよいよ明日は、長野善光寺大門近くの「夏至」にて

記念展も催します。

こちらもどうぞお越しくださいませ。

●「uiのフェルトワーク FELT WORK」中林うい著・文化出版局

 ¥1400(税別)

 お求めは全国書店やAmazonなどからもどうぞ


展示会準備中 [ui work]

Clover.JPG展示会は再来週!?

準備もまだまだなので

かなり焦っております。

DMもぽつぽつと届き

はじめた頃でしょうか?

展示会では新作本のモチーフを使った限定uiBagを販売するわけですが、

この↑「Clover」柄のBagもつくります~。

このモチーフは今回の本の作品制作第一号ともいえる、

記念すべきデザインなのです!

手芸の元祖ともいえるフェルトが素敵なモチーフになる、ということを

示したかった作品たちの、はじまりなのでした。


いよいよ! [ui work]

FELTWORK DM.JPG本日は校了日。

5年ぶりの新刊本の制作を4月に始めて

やっとこの日となりました。

あとは印刷所と製本所のお力を借りて、

12月10日の発売を待つばかりです。

今回挑戦したのは20cm四方のフェルト。

タイトルもズバリ「FELT WORK」です。

手芸素材の元祖ともいうべき

フェルトシートを使って、

いろいろなアイディアをひねりだしました。

子どもから大人まで、おしゃれに使えること間違いなしです!

そして、最初の展示会も決まりまして、DMも刷り上がりました。

(↑写真)

長野の善光寺近くにあります「夏至」にて、4日間の展示会と

ワークショップを催します。

会期は12月11日(金)~14日(月)の4日間です。

掲載作品はもちろんのこと、限定uiBagなどここでしか買えない物を

ご覧いただけます。

もちろん新刊本も!(おそらく書店さんよりも早い?!)

詳細は夏至HPにて。ワークショップのお申込みもどうぞ。

http://www.janis.or.jp/users/geshi

新刊をご覧いただいた皆さんのご感想もドキドキです。

uiのフェルトワーク「FELT WORK」(文化出版局)¥1,400税別

どうぞよろしくお願いいたします。


制作ふたたび [ui work]

4月の景色.jpg4月です。

新年度がはじまりました。

雪もすっかりとけて、

アトリエの窓からの眺めは

スイス風じゃありません~?

さて、私は1年間の産休を終えて、制作活動を再開しました。

今年は秋に新しい本を出版予定なので、まずは集中して、

そのための作品制作にとりかかります。

どんな本になるのかな? 私としても未知です(笑)

そのほか、お仕事のご依頼もお待ちしております~。


「わたしの愛用品」 天然生活ブックス [ui work]

「わたしの愛用品」天然生活ブックス.jpg久しぶりに本のご紹介です。

天然生活ブックスより「わたしの愛用品」が

発刊となりました。

雑誌「天然生活」で紹介された

67人の愛用品の記事を一冊にまとめた本です。

私の愛用品もチラリと。

もちろん今も大切に使っております。

書店でお見かけの際は、ご覧くださいませ。

 

紙コップ.jpgせっかくなので、ほかの愛用品もひとつ。

自著「HAPPY SUNDAY」でも

モチーフとして登場している紙コップ、

ではなくて、

紙コップそっくりの陶器のコップです。

NY在住の姉がプレゼントしてくれたもの。

なんともNYらしい品。

厚めの陶器で、紙コップのデザインや継ぎ目もそのまま。

良いところは何度も洗って使えるところ(笑)

コーヒーを飲むのにちょうど良い大きさが気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


りんごの木マグネット [ui work]

りんごの木マグネット.jpg私の住む飯綱町(いいづなまち)は、りんごの名産地!

国内に流通している100個に1個は、この地のりんごとか。

標高が高く、朝晩の気温差が激しく、日照も良いことから

それはそれは美味しいりんごが収穫できるのです。

ここへ越してきた冬、いろんなご近所さんから

あっという間にたくさんのりんごをいただいて、

嬉しかったな~。

そして、ひと口食べたときの感動たるや!

いままで食べていたりんごって、、、

そんなりんごの村にある直売所「さんちゃん」は、秋から冬にかけて大賑わいです。

私もそのお客の一人なわけですが、いつも気になっていたんです…工芸品コーナー(笑)

きっと村の手芸好きなおばちゃんなどが作ったであろう布小物などが、

少しだけ置いてある。 売れているかは不明。

しかし、そこにかねてから置いてみたい品があってですね…って、

題して「ひとり町おこし!」 ←なんのこっちゃ?

わたくし一応、何冊か本も出している作家であります。

ギャラリーで展示会をして、作品を展示販売しています。

でも、全然知名度はありません、、、

んが!何かを町のためにも作ってみたい!とボヤ~ンと考えていたのです。

ここに越してきてからずっと。

そこでひらめいたのが、りんごの木を輪切りにしたマグネット。

木はしっかり磨いて、電熱ペンでりんごの絵を描き、透明水彩で着彩。

最後は蜜ろうを塗って研磨して仕上げた、とても手がかかっている品です。

木の輪切りこそ夫にやってもらいましたが、それ以外は私ひとりの手で作り、

絵柄も一点ものです。

これを、産直市場の片隅で売ってみよう~という試み。

ある意味、uiのセカンドライン的な?

さんちゃん販売品.jpg

 ←破格のなんと400円!

手間賃無しです(白目)

冷静に、おそろしい値段です…。

これが都会だったら、こうはいかない(苦笑)

uiのBagや本が好き→りんごの木マグネット欲しい→

どこで手に入る?→長野飯綱町の直売所「さんちゃん」

を調べる→夏休みは長野来訪→マグネット購入+

飯綱町農産物や観光満喫=町、幸せ~♪

という安直な流れ! どうでしょう~?

都会の夏は暑いですから、ぜひ避暑にお越しくださいませ。

マグネットは売り切れちゃったら、ごめんなさい。

息長く続けてみようと思うので、またポツポツと追加納品をしていく予定です。

あ、一応、産休中なもので(汗) ←忘れてた

私らしく、田舎の暮らしを楽しんでいます。

 

● 直売所さんちゃん TEL026(253)0033

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。