So-net無料ブログ作成
検索選択

家をつくる 12 [ui house]

新居室内1.jpg早いもので、新居に住み始めてから4か月となります。

引越しから怒涛の片づけを経て、

建築事務所の撮影も終わり、

雪もとけた今日この頃、やっとやっとホッと一息。

パソコンに向かうことができました。

家づくりの記事もすっかり更新が滞ってしまいました。

まずは、引越し直前の室内の様子を。

う~ん、キレイ(笑)

ヘリンボーン模様の床は美しく見事です。

わが家のギザギザな形とお揃い。材は岩手県産の栗を使いました。

薪ストーブもこの空間を十分に暖めることのできる大きさで、この冬は快適でした。

ストーブを設置した床には白い耐火煉瓦を。

これは最初の最初、憧れのペチカへの思い出の素材です。

新居室内2.jpgそして、もう一枚。

2階の子ども部屋に通じる

梯子。

寝室の扉と、アトリエの扉。

白い壁に四角く開いた窓。

窓の先には、ウッドデッキが続いています。

さて、今回ご縁あって、わが家の設計監理をお願いしましたのは、

「一級建築事務所 暮らしと建築社」の須永ご夫妻です。

設計依頼の最初から最後まで、絶大な信頼と正確なお仕事をしていただいて、

なんとも素晴らしい家が完成しました。

須永ご夫妻との出会いは家づくり以上に、楽しく嬉しいものでした。

そして、施工はわが地元・飯綱町の「ツチクラ住建」にお願いしました。

こちらも素晴らしい丁寧なお仕事とチームワークの良い工務店さんで、

お願いして良かった!と思っています。

きっとこれから何十年と、メンテナンスや相談など心強い存在でしょう。

まだまだこの家に住み始めたばかりで、整っていないところばかりですが、

いろいろ手をかけて、作りはじめることができると思うと、ウキウキ♪

雪もとけて、いよいよ進められそうです。

2015天然生活5月号.jpgまだ4か月ですが、住み始めた様子が

←こちら

先日発売されたばかりの

「天然生活5月号」に

様子が掲載されています。

ぜひ書店などでお手に取って、

ご覧下さいませ。

まだまだ、

「家をつくる」カテゴリーで記事は続きます。

備忘録もかねて、しっかり書いておかないと(笑)


家をつくる 11 [ui house]

外壁張り5.jpg

11月になりました。

里山は美しく紅葉し、近くの山々へトレッキングも良し、

たわわに実るりんごを摘むも良し、と

短くも楽しみいろいろの晩秋です。

でも、わが家は大きな〆切目前に

アワアワしておりました。

9月中旬からはじまった外壁張りも、

足場解体宣告をうけて、とにかく仕上げねば!と

焦る&疲労蓄積の日々でありました。

一度決められた解体日を「そこをなんとかあと一週間!」というお願いをしまして、

少し延命~。 (ふぅ…)

最後の土日を使っての仕上げです。

雨模様のお天気の中、建築家さんや友人のS田さんご一家も駆けつけてくださって、

なんとかどうにか、終わりましたよ~! ふおお~!

約2カ月のあいだ、早朝と週末を費やしてがんばってくれた夫に感謝。

そして、週末ごとに家族で駆けつけてくださった友人の皆さま、建築家さんに大感謝。

貴重な休日と、大変な労力を注いでくださって、ありがとうございました。

外壁完成3.jpg

皆、にわか大工ではありながらも、

その仕事の結晶が

←こちら

どうです? なんと美しい外壁でしょう!

張り終えた翌日に現場へ行き、

足場と幕がはずれ、家が現れた光景を見て

思わず「わぁーきれい!」と息子と歓声を

あげてしまいました。

これからの長い間、今回お力を貸してくださった

友人たちと食事やお酒を共にするたびに、この外壁張りの話がつまみになるのだな~と、

それも今から楽しみのひとつでもあります。

 


家をつくる 10 [ui house]

外壁張り4.jpgこちらの里山は稲刈りや脱穀も終わりつつあり、

いよいよふじの収穫もせまってきました。

秋深し、冬が駆け足で近づいてきています。

そんな季節の移ろいの中、家の工事も急ぎ急ぎ(焦)

9月中旬からはじめた外壁張りもひと月半が過ぎ、

そろそろ終盤かな~、と思っていた矢先!

ついに足場解体の宣告を現場監督さんから受けました。

アワワワ…。

父友数名にかわるがわる助っ人に来ていただいたり、

夫は、ほぼ土日は早朝から日没まで、平日は出勤前の1時間ほど作業をしてきましたが、

終ーわーらーなーいー(白目)

今回の壁は下から重ねて張っていくため、屋根に近くなればなるほど、

足場は必要になり、また屋根の傾斜に合わせて、

板を1枚1枚斜めに切る必要があるので、上になればなるほど時間がかかります。

そんなわけで、終盤の方が足場が必要!

でも…何事もお尻を決めることは大事でありまして、

足場のレンタル代もありますし、そのあとの工事の進捗状況にも影響がでるわけです(汗)

私も微力ながら(というかいてもたってもいられず)、

赤ちゃんおんぶしながらトントントンとやってみました。

耳に響いて泣くかな~と思ったけど、意外と背中で静かに固まっておりました(苦笑)

でも、おんぶしているので、足場の狭い隙間などには入れず、手の届く範囲のみ。

それでもけっこう進みましたよ~。

床板張り.jpg

素人が外壁張りで悪戦苦闘するなか、

内部では棟梁が黙々と床板張りをしていました。

とーてーもー細かい作業でして、

通常の張り手間の3倍かかるとのこと。

いやはや、申し訳ございません(汗)

棟梁も日曜祝日関係なしで、休みなく来ておられます。

この現場が終わったらちゃんと

棟梁には会社から長期休暇などいただけるかどうか、

おばちゃんとしては心配しております。

と、とにかく、期日内に外壁張りが終わるかどうか、、、、

でも、高所作業なので安全第一に進めなければデス。

 

 

 


家をつくる 9 [ui house]

外壁張り3.jpg

 

 

 

 

 

信州の秋、こちら北信も朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。

稲刈りもはじまり、りんごの木々にも赤い実がたくさん~♪

秋らしいさわやかな良い日和が続いています。

さて、家づくりもいよいよ自分たちでも動かねばならぬ時がきました!

そうです、その名も「自主施工」(ダダーンッ!)

つまり、自分たちでやってね、ってことです。

まずは床下や外壁の防蟻剤の散布から始まりまして、お次は外壁張りです。

今回の家づくりに関して、建築家さんにすべてお任せしているわけですが、

外壁のイメージだけは希望があった私。

それは「柿張り」(こけらばり)という名の張り方で、

薄い板を鱗状に一面張り詰める壁にしてみたかったんです。

建築家さんのデザインイメージを壊さないか?予算的に可能か?と

おそるおそる建築家さんに伝えたところ、「自分たちで施工するならできますよ」とのお返事!

おお~!ならば、やるしかありません。

小声( 夫よ、がんばって張っておくれ… )

というわけで、外壁張り第一弾を週末の土日におこなったわけです。

秋晴れのさわやかな土曜日、建築家さんご夫妻とスタッフ、

友人ご家族に集まっていただき、始まりました~。

外壁材はレッドシダー(米杉)という大木で、防虫効果や耐久性もあるそうです。

幅がまちまちな材をうまく組み合わせながら、棟梁がつけてくれた胴縁に釘で打っていきます。

外壁張り1.jpg

←1段目こんな感じ。

ひたすらトンカチで

トントントン。

とにかく壁に

トントントン。

「棟梁だったらどのくらいの期間で仕上がりますか?」とお尋ねしたら

「…一週間ちょっとですかね」と。

ということは、にわか大工がやるとなると…3週間はかかりますな、毎日やって(汗)

ま、まずはこの2日間でどんな感じになるか、試してみないと!ですね(白目)

私ができることと、といえば、(ホントは赤ちゃんのお世話なけりゃ毎日コツコツやりたかった!)

お昼にお手伝いの皆さんにまかないを出すことぐらい~、というわけで、

1日目はザ・カレーライス。トッピングはチキンカツや揚げ野菜。サラダ果物も。

2日目はザ・おでん。鮭おにぎりやイカ飯、酢の物など。

まかない.jpg

棟梁もご一緒していただいて

楽しいお昼ご飯のひととき。

一同、棟梁の食べっぷりに

おののきつつ(笑)

お腹いっぱいになったホロ酔いの

お父さんたちはグダッと横たわっていたり…。

でも1時になったら、またムクッと起き上がり、トンカチをにぎってトントントン。

快く、にわか大工募集に参加してくださったお父さん方には、大感謝です~!

外壁張り2.jpg←2日目終了時点でこんな感じ。

どうです?すばらしいでしょう~?

あえて不規則に張っているわけですが、

それって結構むずかしいんです。

皆さん、枚数を重ねるごとに

木目を意識してみたり、それぞれに上達しておりました。

小声( あ、お父さんたちががんばっている間、

お母さんと子どもたちは楽しくピクニックをしておりました )

と!こんな感じで、外壁張りは始まりましたが、

今後はコツコツと夫がひとりでがんばって張っていかねばです!

まだまだ続くよ外壁張り、トントントン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


家をつくる 8 [ui house]

壁合板張り.jpgあっという間に9月になりました。

暑さも秋の長雨で、どこかへ行ってしまったような?

すっかり涼しくなった飯綱町です。

家の工事は粛々と進んでおります。

朝、息子を幼稚園へ送る前にまず現場へ。

炭酸好きな棟梁に差し入れもかねて。

壁の合板が張られ、より室内らしくなってきました。

←ここは私のアトリエ~!

その上は息子の部屋です。

息子は棟梁から木片をいただいたり、落ちている釘なんかを見つけて、

「宝物だ~」と大喜び。

棟梁にもプレゼントをあげる~と言って、蝉の抜け殻なんかをあげていましたよ(汗)

社長さんにもあげるんだ~と言っていたな…。

棟梁はお若い(おそらく20代半ば?と勝手に推察)ですが、

お仕事がとても丁寧です。

道具類などが詰まった車の荷台なんかは、きちんと整理整頓されていて、

(おばちゃんはしっかりチェックしてまっせ~笑)

こういうところでも、仕事ができる!というのが、わかっちゃうものですよね。

私も見習いたいものです。

そのうち、コカコーラとピザを差し入れしたいな、と思います。

 

 

 


家をつくる 7 [ui house]

上棟式.jpgこちらすっかり秋の気配。 涼しいです~。

さて、昨日は上棟式でした。

建て方はすでに先週終わっていましたが、

日を改めての上棟式です。

施工をお願いしている工務店の社長さんを筆頭に、

棟梁やスタッフの皆さん13名と

設計事務所の皆さん4名、そしてわが家4名の

総勢21名の大勢で式がとりおこなわれました!

お天気は直前にザザーッと降ったり止んだりの

ちょっぴり残念な感じではありましたが、なんといっても屋根がもうありましたから

平気平気!

上棟式は社長の祝詞にはじまり→四方お清め(角がいっぱいなので大変~笑)→

木遣り→挨拶→記念撮影と、和やかに進み、無事に式を終えることができました。

私は初めて木遣りを聴きましたが、皆さん美声の方々ばかりで、とても素晴らしかった!

工務店の皆さんのチームワークの良さを歌声に垣間見た時でもありました。

式が終わったあとは、こちらからの感謝の意を込めて、

ご祝儀と引き出物を皆さんにお配りして、お開き!となりました。

小声( さすがに餅は屋根からまきませんでした~。ちょっとやってみたかったけど。笑 )

人生いろいろ経験、初めての上棟式も良い勉強となりました。

ちなみに引き出物の内容は、紅白饅頭・お赤飯・折詰・お酒という

基本的なものにしてみましたが、わが町でお金を使おう!ということで、

すべて地元のお店で揃えました。

帰宅後、わが家でも同じ品々でささやかなお祝い

引き続き、工事の安全と完成を願いつつ、ホッと一息でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


家をつくる 6 [ui house]

建て方1.jpg

 

 

 

 

 

お盆休みも終わり、いよいよ家の工事も本格的になってきました!

今日は「建て方」ということで、家の構造の要である柱や梁を一気に組み立てていく日でした。

前日までに、基礎のまわりには足場が組まれ、材も運びこまれ、準備万端。

工務店の大工さん一同が集まり、組み立てがはじまりました。

私と息子は遠巻きに、次々とクレーンで吊上げられていく材の行方を眺めていました。

とにかく巨大クレーンに大喜びでありました(笑)

あらかじめ材には組む部分の溝などが掘ってあり、それを場所々にクレーンで

的確に運び、はめこんで、木槌でたたく、なんて感じで進んでいました。

お天気に恵まれたのはとても感謝! だけど残暑厳しく、暑い!

職人さんも汗だくでがんばっておられました。

息子は、とにかく今まで見ていた紙の図面や模型に実際の家のスケール感が

わからなかったようなのですが、今日、ようやく「家」をリアルに感じたようで、

とても楽しそうでした。

小声( お母さんも同じだよ。やっと大きさを実感できた。笑 )

親として、ちょうど5、6歳くらいの幼児時代に、

家をつくる工程をライブで見せることができたのは、本当に良かった!と思うのです。

建築家さん、大工さん、重機オペレーターさんなどの仕事ぶりを自分の目で見て、

紙に書いてあった図面が、どうなっていくのか?という「不思議」を

確かめることができるのだから、こんなに楽しい学びはないな、と。

お昼にいったん休憩をしに家へ戻った息子は、図面を見ながら

何やらせっせと家の絵を描いたり、クレーン車を描いたりしていました。

建て方2.jpg

 

 

 

 

 

夕方になる頃には、雲が広がり、涼しい風が~。

屋根の梁が全部、はめ終わったようです。

明日もまだまだ建て方は続きます。

 

 

 

 


家をつくる 5 [ui house]

基礎完成.jpg今日で7月が終わりですね。

んが、ちびっ子の夏休みはまだまだ続く…(倒)

各地暑さ本番のようですが、

皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

ついこの間までは、大雨が多くて

基礎工事も遅れ気味だったのに、

いきなり夏が来た!というような

暑さが続いています。

それでも、夜に窓を開けたまま寝ると、

風邪をひいてしまうという、この寒暖差のある、わが町です~。

息子に「絶対見たい!」と言われて、先日、基礎にコンクリートを流す工程を見に行きました。

しばらくぶりに来てみましたら、おお!固まっている!

枠もはずれていて、不思議~な形が、くっきり。

迷路?

通りかかった友人が「おもしろい形だね」と評しておりました。

炎天下の中、作業している職人さん、ありがとうございます。

 


家をつくる 4 [ui house]

基礎工事.jpg

 

 

 

 

 

地盤改良も終わり、基礎工事がはじまりました~。

とはいえ、連日の大雨の影響で、工事が遅れているそうです(汗)

ショベルカーで掘った穴に並々と雨水が…。

これをポンプで排出しつつ、職人さんが手際良く作業を進めていました。

コンクリートを流す枠を組んでいましたが、

家の独特な形状がボンヤリと浮かんでいました。

土の上に座って様子を眺める息子と近所の見知らぬご老人も見学。

息子は「コンクリートミキサー車はいつくるの?絶対見たい!」と、、、

いつでしょうかねぇ?


家をつくる 3 [ui house]

地盤工事.jpg

 

 

 

 

 

地鎮祭も終わり、工事も先週からいよいよはじまりました。

土地は緩やか~に傾斜しているので、

まずは家の建つ部分に盛り土をします。

鉄板を敷いて、ダンプカーやショベルカーなど

男児がワクワクしちゃう重機たちが入ってきます。

もちろん、息子も大興奮~。

あっという間の数日で、運んで、盛って、のして、固めて、と

こんもりと土台が出来あがっていました。

お次は、その盛り土の地盤改良。

穴をあけて、柱状にコンクリートを流して固めて、地盤を強くしていくそうです。

この様子も息子見入る、、、いや魅入るかな。

コンクリート製造機付きトラック?みたいなのを、ジーッと観察。

これらが終わると、いよいよ基礎工事がはじまります。

 

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。