So-net無料ブログ作成
検索選択

カフェの内装 [ui work]

山下家1.JPG1月も、もうすぐ終わりそう…。

こちら飯綱はいきなりの大雪に

ドカーン、ドカーンと2回くらい

襲われまして、

真っ白な里山風景を保っております。

まだまだ続くのかな?と

ドキドキしております。

過去2年間は雪も少なかったので、

今年は久しぶりに冬らしくていいね!と、

今のところは、まだ呑気な発言が出ているくらいであります。

いやはや3月までのお天気は、どうなるでしょうか?

さて!新しい年を迎えて、第一弾のお仕事は先々週の「天然生活」の

取材撮影がありましたが、お次はなんと!「カフェ内装」という

お仕事が舞い込んできました。

ええ~!?すごい分野違いではありますが、大丈夫?と

自分でも不安です(汗)

でも大学時代は「空間演出デザイン学科」というところに

在籍していたので、大きくとらえれば、あながち分野違いでもない?!

カフェという空間を初・演出しますよ~。

飯綱町のりんご農家「山下フルーツ農園」さんの母屋を改装しまして、

自社のりんごを使ったお菓子やパンを提供できるスペースを作る、という

事業計画に、私もお手伝いさせていただくことになりました。

山下さんには、モーネでのりんご祭の際にも大変お世話になりまして、

りんごはもとより、加工品など美味しい品々を作っている農家さんです。

母屋といいましても、築70年くらいの重厚な日本家屋でして、

太くて黒い梁が、歴史を感じさせます。

そこを、カフェに…です。「おしゃれな」カフェ、にです…。

できるかなー、できるかなー、できるかなー(汗汗汗)

とにかく、4月OPENに向けて始動です。

1山下家掃除.JPGカフェ厨房の上は、歴史を感じさせる

農村グッズを展示してあります。

ちょっと民族博物館のような?

しっかりと煤を払って、

ディスプレイをしてみました。

(煤を払ってくれているのが、

カフェを運営するアキちゃん)

入り口土間横のカウンターから

美味しいお菓子が提供されるわけですが、

そのままカフェで喫茶を楽しんでいただいても良いし、

お持ち帰りもできる、というスタイルだそうです。

どういう方向性で内装を進めていこうかなと悩みまして、

モーネの井上さんにアドバイスを求めましたら、

「素材を活かす」とのシンプルなお答えをいただきました。

その言葉で光が見えましたので、ようやく先週末から、着手です。

基本はいじらず、いつでも原状復帰できるように工夫してみようと思います。

ぜひ遠方の方は、美味しいりんごを購入するついでに

カフェでまったりとくつろぎつつ、アキちゃんの作り出す

りんごスイーツを味わっていただければ!と思います。

ご近所さんは、日々のくつろぎスポットにご活用下さい~。


2017年はじまる [ui message]

2017年1月2日.JPG新しい年ですね。

皆さま、

いかがお過ごしですか?

こちら長野・飯綱は

雪があまり降らず。

雪国としては、

暖かい年末年始です。

昨年はどんな年だったか振り返ろうとも思いましたが、

記憶が曖昧になるくらい、流れが速くて、すべての事象が遠い彼方…。

子どもと一緒に過ごすこと8年。老化もあります。

年々そのスピードは増すばかり、増すばかり(笑)

なので、ざっくりと。

仕事では久しぶりの新刊「FELTWORK」の展示会で、

京都・モーネさんに大変お世話になりました。

秋には飯綱町・三水郵便局局長さんのりんごを中心に

飯綱と京都を結ぶ「りんご展」も開催しました。

一年を通じて、モーネ井上ご夫妻のパワーを感じ取ることができました。

いろんなご縁と繋がることができて、りんご以上の収穫でした。

プライベートでは、初夏に2匹の兄妹猫が、わが家へやってきました。

小さな仔猫は、あっという間に普通サイズへと。

そして秋に、実父が亡くなりました。

未だにあまり実感がわきませんが、たしかに、

いなくなってしまいました。

でも今を生きる、未来へ進む小さな子どもを抱えて、

日々雑事に追われ、思考が子どもで目一杯の身としては、

そのくらいの感覚のほうがいいのかもしれません。

今年はどんな一年になるのでしょう。

何か新しいことも始めてみたいと思います。

展示会は一つだけ決まりました。

時期は秋、場所は滋賀県彦根市にて、です。

お仕事のご依頼もドシドシお待ちしております!

ご連絡はコチラ→ ui-news@biz.so-net.ne.jp

私の仕事は、素敵で美しいものを作ること、考えること。

一つでも多くの作品を皆さまにご覧いただけますように。

2017年もよろしくお願いいたします。

中林うい


メッセージを送る