So-net無料ブログ作成
検索選択

天然生活3月号「りんごの物々交換」 [ui work]

天然生活3月号.JPG1/20に「天然生活」3月号が

発売となりました。

巻頭記事「りんごの物々交換」で

私と料理家・内田真美さんの

技の競演をしました。

去る11月某日、りんごの収穫が

真っ只中の長野・飯綱町に

取材チームと真美さんが来訪!

嬉しい一日のはじまりとなりました。

共通の友人を介して、真美さんとお知り合いになったのですが、

展示会でチラッとご挨拶したり、メールしたりと、

ゆっくりとお話をする機会がなかなかなかっただけに、

「りんご」がつないでくれたご縁に感謝です。

私も真美さんもカメラマンさんもライターさんも皆さん

小さな子どもがいる身で、今日一日しかない!という中でしたが、

取材→お菓子作り→撮影(間にちょいちょいおしゃべり)という内容を

チームワーク抜群で時間内に完了することができ、

今回無事に誌面へと仕上がりました。

真美さんのお菓子はずっとずっと食べてみたかったので、

その美味しさに腰砕け~。

完全に役得ありがたや~ありがたや~状態でした(笑)

でもね、何よりもその作る技を垣間見ることができたのは、

最高の収穫でした。

プロの手技を生で見るのは、そうそうあることじゃないです。

ご本人はサラッとやってらっしゃいますが、

素人から見れば、おおお!なるほど!の連続ですよー。

本を見たってわからない部分、いっぱいありますからね、実際。

私も分野は違えど、手技ある身なので、

この経験をどこかで活かしたいな、と思いました。

真美さんの作るお菓子3品の雰囲気をうまく融合するように、

私もフェルトを使っての3作品を作りましたが、

やはり一番のおススメは「りんごのマット」でしょうか。

りんごのマット.JPGりんごを切った状態をデザイン

しました。

色味も少し酸化したような色を

選びましたら、リアル~。

真美さんのガトーとの相性も

ばっちりでした。

美しい姿は、ぜひ誌面を

ご覧くださいね!

楽しいひとときと、美味しいお菓子は

あっという間に終わりましたが、楽しく仕事をしている雰囲気も

伝わればいいな、とも思います。

真美さんの「りんごのガトー」これは本当にめちゃウマ&簡単ですので、

皆さんもお試しいただけるといいなー。

私も発売日にまた作ってみましたら、子どもがすごい勢いで食べていて、

マットに乗せる間もなく、食べ終わったという、、、、

りんごのガトー.JPG私、お菓子の作る工程で

とにかく苦手なのが、

「バターをクリーム状にする」と

「さっくり混ぜる。混ぜすぎない」

なんですけど、

このガトーはそれがどちらもない!

バターは最初から溶かしバターだし、

粉はしっかりと混ぜていい、のです。

シンプルな焼き菓子こそ、

素材の美味しさがダイレクトに伝わりますから、

美味しいりんごを使うのも大切~。

飯綱の美味しいりんごも皆さんにご紹介できて、

勝手に飯綱町親善大使を自称してます私としては、

嬉しいかぎりです(笑)

というわけで、りんごをテーマに全6作品のご紹介していますので、

ご覧いただいて、作っていただければ、幸いです。


メッセージを送る